当の本人でも知らず知らずの内に、歯にはヒビが走っている事態も予想されるので、
ホワイトニングする折は、念入りに診てもらう事です。

活用範囲がことさら広い歯の専用レーザーは、種類も多くて、
他にも様々な医療機関に取り入れられています。
これから後は更なる可能性が高まるでしょう。

義歯や部分義歯に対して描かれる負のイメージや偏った考えは、
生まれつきの歯との使った感じを比べて考えるがために、増大してしまうと推量されます。

噛み締めると苦痛を感じる入れ歯、合っていない入れ歯は、
そのことが理由できちんと咬めずにそのままのどを通してしまう症例が、
頻発してきてしまうとのことです。

歯の外側に付いた歯石や歯垢等を取るのを、歯科ではクリーニングと言いますが、
さきほどの歯垢と歯石などは、実は虫歯の因子といわれています。

早期の段階は歯周病の菌が歯の表面にこびり付いてしまい、
それが元凶で歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤くなって熱を持ってしまったり、
ハブラシで歯磨きをするといつも出血したりする症状が歯肉炎の特性です。

審美歯科の治療として、一般的にセラミックを利用するには、
例えば歯冠継続歯の入替などが存在しますが、
詰物としても普通セラミックを使用することができるといわれています。

重要な噛み合わせの悪い状況は、
口を開けると痛む顎関節症の一因ではあるけれども、
それとは別の理由が必ずあるという考えが一般的になったようです。

ムシ歯のきっかけは、ミュータンス菌と呼ばれる原因となる菌の感染なのです。
口の中に虫歯菌が出てしまったら、
それそのものを除去する事は大層困難な事なのです。
歯を矯正することによって格好に対する自信を持てず、
悶々としている人も笑顔と自信を手中にすることが叶いますので、
心と体の両面で充足感を我が物にできます。

ムシ歯がきっかけの知覚過敏は、ムシ歯は相当病状が進行していると察知され、
歯牙の痛みも引き続きますが、そうではない場合は、
短い間の様態で収束することが予想されます。

ここへ来て歯のホワイトニングを経験する人が激増していますが、
そうした時に採用する薬剤が要因となって、
しみるように痛む知覚過敏を誘発する可能性が想定されます。

歯のレーザー治療では、直接虫歯をレーザーで消し去ってしまい、
加えて歯の外側の硬さを補強させ、
ムシ歯になるのを防ぎやすくする事ができると考えられます。

例えばつぎ歯が褪色する素因に想定される事は、差し歯自体の色が色あせる、
歯冠継続歯の周りの歯が褪色してきたの2つの事があるそうです。

口内炎ができる誘発事項は、ビタミンの不足がそれの中の一つなのは確かですが、
各ビタミン剤は飲みやすいサプリメントや、
薬局でも買える医薬品の服用薬等として数多く売られています。

もういちど、ニッコリ笑顔を取り戻そう

入れ歯(義歯)には「部分入れ歯」や「総入れ歯」があります。
近年で、この入れ歯の技術もかなり進化して、
インプラントなどを含めると患者さん自身で選べる
治療の範囲がかなり広がりました。

●部分入れ歯
抜歯後に残る粘膜に人口歯のついた“床”を乗せて支え、
残っている歯にバネをひっかけて部分的に装着するもの。

●総入れ歯
上顎と下顎用のものがあり、U字型になった誰もが
イメージできる歯肉部分までついた形状のもの。

一般的に最も使用されている素材は「レジン」と呼べれる
プラスチック製のものです。
保険が適用され、修理も可能です。
一方でセルフケアが重要であり、しっかりと掃除ができないと
汚れやにおいがつきやすいとされています。

そのほか、保険が適用されるもので見ると、
レジンよりも少しだけ高価ですが「スルフォン」があります。
熱にとても強く煮沸消毒ができるので、
衛生的に保てるというメリットがあります。
耐久性にも優れ、壊れにくい特性も持っています。
しかしながら、取り扱いのある歯科医院が現状では少なく、
修理が必要になった時に対応できる医院を探すことが
少々困難な可能性があります。

選択できる入れ歯で噛む楽しさと審美性が広がる

入れ歯は上記以外にもさまざまな素材で作ることができます。
総入れ歯の場合、土台となる“床”部分をどんな素材で
作るのかで、付け心地はもちろん食生活や強度なども変わって
くるのです。

例えば、金属で作成したパーシャルパラレルミリング義歯などの場合は強度が強く、
慣れないと違和感をおぼえやすい床部分についても
ごく薄くできるメリットがあります。
修理も貴金属(ゴールド)やチタン、コバルトクロムプレート
など複数あります。

ほかには、味覚を大事にする方は
トルティッシュプレートが優れています。
目に見えない小さな穴が無数にあいているので、
液体の飲食物の味がこれまでとは大きな違いを感じることができます。
ビールやジュース、あたたかいスープの風味がわかれば
食事も楽しくなりますし、幸せですね。

金属を使わずに、歯ぐきと接触する部分に特殊加工を
施したソフトデンチャーであれば、痛みや違和感のストレスを
極限まで減らすことができます。

日本の技術が凝縮された最高級な部分入れ歯

「部分入れ歯」とは、冒頭に述べたとおり
歯が残っているところにバネを引っかけて装着する、
名前のとおり部分的な入れ歯のことです。

この部分入れ歯について、日本人の歯科医師が開発した、
職人技ともいうべき技術があります。

それが「パーシャルパラレルミリング義歯」と呼ばれるもの。

この技術は日本歯科大学新潟校の小出教授によって開発されました。

パーシャルパラレルミリング義歯=ミリング義歯の流れは、

①入れ歯のバネを引っかける側の歯を削り、そこに連結するための
被せ物を作る。

②上記の①の被せ物の裏側にミリング加工と呼ばれる
削り出し加工を施す。

③①と②に合わせて義歯の組み込みの部分を作成する。

この治療方の最大のポイントは、歯科医師の加工技術に
かかっています。

わかりやすく言えば、大工さんが釘を使わずに
削った木と木で隙間なくぴったりと組み合わせる技術を
人間の歯で行うようなイメージです。

これこそ、熟練の技と集中力の賜物です。

ミリング義歯がしっかりとした技術によって
完成すれば、入れ歯を装着している患者さんにとっては
入れ歯自体が動いてしまったり外れてしまう心配もありません。
つまり、食べたりおしゃべりをする時でも存分に楽しめるということです。

治療には以下のような口腔内の条件が整っていれば心配ありません。
・4本以上、自分の歯が残っている
・残りの歯は十分な高さがあり、ぐらつきもなくしっかりしている
・歯周病などのトラブルがなくお口全体の“土台”が健康か

またメリットとしては、
まるで設計するかのように緻密で絶妙なバランスで加工するので
引っかける方の歯にも揺さぶり等の負荷がかかりません。
さらには加工の状態も内側で処理しますので、審美的にも良く
患者さんにとって非常に期待の持てる方法です。

ただしレジンやスルフォンといった一般的な素材に比べて、
ここでご紹介したその他の入れ歯は自由診療、つまり保険適用外の治療になります。
費用にはばらつきがあるので、気になる点は事前に歯科医に確認しましょう。

見た目などの審美性やこだわりのある素材にすることによって
かつてないほどの付け心地の入れ歯であれば、患者さんの日々の生活も
いきいきと快適に過ごすことができるでしょう。

関連記事


    歯を白くするための商品はたくさん発売されていますが、そのなかで一番評判が良くて、大人気の商品が、コハルトの「はははのは」とチュラコスの「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」にふたつです。どちらも、いつも…


    あなたの歯は大丈夫ですか? 歯は意外と他人から見られています。 歯が汚いだけでかなりのイメージダウンになってしまいます。 ですので、美意識が高い人は歯のホワイトニングをやる人が多いのです。 綺麗な口元…